温泉街について

花巻温泉郷の温泉街の紹介花巻温泉は、万寿山などの丘陵地に開発された地で、温泉地全体が公園計画によって造られた。温泉街にはバラ園や遊歩道などが整備されているほか、桜や松などの並木も有名。

観光バス発着所近くにある「Cafe' de 蔵」は、サイフォンで入れた本格コーヒーとホテルメイドのパン・ケーキを味わうことができる。

台温泉は、日帰り温泉「精華の湯」と併設して「そば房・かみや」がある。六合引きのそばの芯粉100%でつなぎなしの手打ちそばが美味しい。

  「台焼」という温泉水を使って陶土の鉄分を沈澱させ、混ざり物のない白磁の焼き物体験ができるところもある。

その他は、一軒宿しかないような温泉地であるためいずれの場所も、温泉情緒を味わえる温泉街という感じではない。

   大型宿泊施設内に、お土産コーナーが設置されている所もあるが、花巻のお土産を買うには、花巻空港から車で3分ほどの花巻観光物産館&和風レストラン「金婚亭」がおすすめ。

県内名産品コーナーや名物わんこそばなど郷土料理を提供をしている。花巻に伝わる漬物「金婚漬」(白瓜の芯をくり貫いて、その中に人参、ゴボウなどを差込み漬けたもの)はお土産に人気。

花巻の代表的なお土産のひとつ「羽山まんじゅう」は、花巻温泉に宿泊するとテーブルの上に必ずと言って良いほど置いてある。湯本にある大丸屋や、花巻の主なスーパー・お土産店で買うことができる。